苦しい毎日をなんとか乗り越える日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 責任能力有り?無し?

<<   作成日時 : 2008/06/08 23:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ニュースでもかなり騒がれている、秋葉原での通り魔事件。7人死亡とは、痛ましすぎる事件です。
 犯人は直ぐに捕まったみたいですけど、動機がまたしても「誰でもいいから、殺したかった。」とは。本当にそれだけが動機なの?
 私の持論ですけど、人を殺すということは、軽い気持ちでは絶対出来ないことだと思います。そこに至るまでの背景や過程、そして決心させる決定的な何かがないと、人を殺すという気持ちにはなれないと思うんです。
 犯人がそこまで喋るか、警察が喋らせるかが今後注目して行きたいところですね。絶対「誰でもいいから…」だけの理由ではない筈なんです。
 誰にだって殺意、若しくはそれに準じた気持ちを持ったことは有る筈です。私も何人かにそういった気持ちを持ったことはあります。でも、殺すはおろか、殴るまでにもいきませんでした。決心させる何かまでを抱いたことが無いからです。もしも、抱いてしまったならば、明日は我が身かもしれません。
 だけど、赤の他人を殺すという心理がまったく解りません。憎しみを持ったのなら、その対象となる人がいるのですから、その人のみを殺せば、事は終わる筈です。なのにどうして、無関係な、たまたまその場に居合せてしまった通行人を殺してしまうのでしょう。対象者が多すぎて訳分からなくなってしまったのか?それとも世の中のすべてが対象となってしまったのか?私にもそう思うときは何回もありました。けれど、今回の犯人と決定的に違うところ。それは私だったら自分の命だけでケリをつけます。もしくは人を殺傷した後、アッサリと逮捕されず、その場で抵抗した挙句、警官に撃たれて死にます。
 直ぐに捕まった時点ですでに、今回の犯人は心神喪失状態を装って、法の裁きを逃れようとしている事がバレバレです。今回の事件は衝動的ではありません。人を殺してスッキリとした気持ちになろうという、計画的で確信的な考えのもとに行われた犯罪です。情状酌量の余地などこれっぽっちもありません。日本の刑法によって下される判決は極刑以外にないでしょう。もしも終身刑があれば、懲役700年といったところでしょうね。
 何故日本には終身刑がないのでしょう。常々不思議に思っていることです。まぁただでさえ、今の刑務所には囚人が溢れている状態みたいだし、仮に新しい刑務所を造るとしても、地元住民の大反発があるでしょうから、なかなか実現できないのかなぁ。
 最期に今回の事件において被害に遭われた皆様、そして親族の方々に、お見舞いとお悔やみの言葉を申し上げます。

 追伸:今回の事件において、「犯人はゲーム機を持っていたか?」と聞いているマスゴミのミナサン!何でもかんでもゲームに焦点を持っていこうとしないで下さい!そんな簡単な理由で人殺しなんて出来ません!いい加減にしろ!バカ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
責任能力有り?無し? 苦しい毎日をなんとか乗り越える日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる