苦しい毎日をなんとか乗り越える日記

アクセスカウンタ

zoom RSS もう夏かぁ……

<<   作成日時 : 2009/07/12 12:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 実家に緊急避難してから、もう半年が経とうとしています。そろそろ戻らないと、と思ってはいるんですが、楽チンな生活にドップリと嵌っている自分がいたりして…
 抜け出すには、かなりの勇気が必要になってきているなぁ。でも、このままじゃいけないと考えていることも事実ですから、何かのきっかけがあれば実行できると思います。
 そのキッカケとは、離婚が成立する頃かな?
 実は、4月に入ってから家庭裁判所で調停を始めていました。協議だと間違いなく押しきられると思ったので、第3者に話しを聞いてもらい、それで決着をつけようと始めました。
 第1回目は完全に平行線状態でした。別々に調停員の人と話しましたが、一緒だったら間違いなく喧嘩になっていたでしょうね。
 そして2回目、その間に子供達の運動会に行ったのですが、その時、子供の写真を撮ろうとしたら、周りのクラスメートに「一緒に写ろうぜ。」と言って皆を誘う長男の姿を見ました。
 その姿を見て『コッチでの生活に慣れているのか。しかも良い方向に。』と思ってしまった私。それから考え続けた結果、「離婚に…同意します。親権は……母親に渡します。」
 私にとって、2つの大きな判断をしました。あとは、面接交渉や財産分与、月の仕送り額の決定等、スムーズに事は進んで行きました。これらは全部私の希望を通させていただきました。当然です。
 そして、最後の問題。子供達の苗字のことです。向こうは旧姓に戻るつもりだから、子供達も姓を変えて自分の戸籍にと考えていたようですが、私は『ちょっと待て』と。
 理由は、子供達が変に動揺しないか?と、周囲からあれこれ聞かれて嫌な思いをしたりしないか?の2点です。
 15歳になれば子供は自分の意思で姓を選択できます。それまでは自分の戸籍に入っていて欲しいです。子供が、母親の姓を名乗りたいと言ったら、それは、反対しません。笑顔で転籍の手続きを自分がしましょう。血の繋がりという、目に見えない繋がりだけではなく、戸籍に一緒に入っているといった、一目で分かる繋がりを少しの期間でもいいから持っていたいです。
 はっきり言って、自分のエゴとしか言い様がありませんけどね。それでも、子供達のことを考えたら、マイナス要因はできるだけ減らしてあげたいです。
 これを承諾して貰えなければ、振りだしに戻るだけのことです。向こうは考えているみたいですけど、こちらは、絶対曲げません。学校でややこしくなる?それが何か?子供たちのことを考えたら、そんなことで苦にはならないはずですよ。そんなことを考えている暇があったら、仕事先を見付けたほうがいいんじゃありませんか?
 自分で働くと言ったはずですよ?このご時世に正社員の募集があるとは思えませんが、パートでも厳しい世の中ですよ。自分で選んだ道なのですから、その生き様、とくと拝見させてもらいましょう。キツイ言い方かもしれませんが、今の心境はこれしか浮かんできません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう夏かぁ…… 苦しい毎日をなんとか乗り越える日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる