苦しい毎日をなんとか乗り越える日記

アクセスカウンタ

zoom RSS まだ信じられません…

<<   作成日時 : 2010/04/10 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 巨人の木村拓也コーチが急逝してから、4日が経ちました。

 初めてTVで見たのは広島時代、名前もさることながら、良いプレーをしていました。背は高くないけどそれを感じさせない彼に、いつしか声援を送るように。きっと広島の中心選手になっていくんだろうなぁと思いながら。
 それから数年後、突然巨人へ移籍。ビックリしました。嬉しいと同時に大丈夫だろうかという心配も。案の定スタメンでの出場はがくっと減り、途中出場ばかり。彼ほどの選手がもったいないと思っていました。

 昨シーズンはその鬱憤を晴らすかのような好プレーの連続。特に印象に残ったのはキャッチャーの守備に入った時でした。広島ファンの友人から「ピッチャー以外は何でも出来る」と聞かされていましたけど、本当にやるとは、しかもかなり大事な試合の大事な局面だったはず。心配でした。
 しかし、実際には見事なリードで抑えて引き分けに。試合後の原監督がものすごく喜んで彼に握手した時、監督は本当に彼を信頼しきっていたんだなぁと感慨深くなりました。いつしか巨人の中心選手になっていたんですね。
 去年の日本一は彼が居てくれたからこそ、達成できたのでしょうね。だから突然の引退には驚かされました。
 まだ出来るだろうと思っていましたが、今後はコーチとして活躍するとの事に、来シーズンも安心だと思っていました。

 それが突然の悲劇。子供達もまだ小さいのに、突然逝ってしまったお父さん。倒れたシーンに血が凍りました。
 まだ37歳。自分よりもはるかに若いです。脳卒中という言葉がこんなに身近に感じた事はありません。
 全チームが彼に哀悼の意を込めて黙祷してくれました。本当にみんなから好かれていたんですね。それだけに残念でなりません。まだまだ活躍できたでしょうに。いつしか監督としてチームを率いることも出来たかもしれません。

 今年の巨人にはなんとしてでも2連覇を達成して、その報告を彼の墓前でしてほしいです。それがコーチとして逝った彼への最高の供養になると信じています。

 さらば、いぶし銀プレーヤー木村拓也。あなたのことは生涯忘れません。
 自分も同じ病気にならないように、気をつけて生きてゆきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだ信じられません… 苦しい毎日をなんとか乗り越える日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる