苦しい毎日をなんとか乗り越える日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 言った、言わないはともかくとして

<<   作成日時 : 2013/07/16 02:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 名古屋在住の中学生が、自殺と思われる転落死をしてしまいました。

 人によっては「またか」と思うかもしれませんが、私としては「あぁ・・・何故だよ・・・」という気持ちです。

 この事故には3人が関与しています。まず死んでしまった生徒、仮にA君とします。次に普段からA君をからかったり、小突くなどして帰りのHRで「A君が死にます」と宣言した生徒、仮にB君としましょう。それから「やれるもんならやってみろ」的な発言をしたとして、渦中の人になっている先生です。

 B君にしてみれば、いつものおふざけ程度に発言したものであって、本当に死ぬわけがないと思っていたのかもしれませんが、A君にしてみれば、普段から「死ね」「ウザい」「キモい」などの罵詈雑言を浴びせ続けられ、精神的に限界が来ていたかもしれません。そこへHRでの発言に、かろうじて繋ぎ止めていた生への執着心が切れたのかもしれません。

 本当に先生が「やれるもんならやってみろ」と言ったのであれば、それはもう追い撃ちです。助けてくれる筈の先生から見放されたようなものですから。だけど、TV局が独自にクラスメートへのインタビューをしたところ(っていうか、少なからずともショックを受けているのに取材する方もどうかと思いますが)微妙に言い回しが違っています。

 先生が言った言葉は「人は簡単に死ねるもんじゃない」「そんな度胸あるか」だそうですが、私は妙に引っ掛かるものを感じます。

 「そんな度胸あるか」・・・この言葉をA君はどう感じ取ったでしょう?あくまでも憶測ですが、嘲りの視線で「こんな気の弱いやつが自殺するなんて度胸持ってるわけないじゃないか、やれるもんならやってみろ」と受け取れます。

 つまり、A君にとっては「そんな度胸あるか」と「やれるもんならやってみろ」は同義語なのです。結果、A君は自ら命を絶ってしまったのです。これが仮に真実なのだとすれば、先生は言ってはいけないことを言ってしまったのです。

 逆にこれをB君に向けて発してしまった場合、「人は簡単に死ねるもんじゃない、お前にそんな度胸があるか」という言葉を、B君に向けて言ったとしましょう。

 B君の心中も穏やかではなくなるでしょう。「うわ、やばい事になっちゃったよ、恥かいちゃったよ、明日からクラスの笑いものだよ、もう学校行きたくないよ」最悪の場合、B君もA君と同じ誤った道を選択していたかもしれせんよね。

 つまり「そんな度胸あるか」という言葉は、どちらに向けて発した言葉でも、言ってはいけない言葉だったと思えてなりません。どうして「そんな馬鹿なことを言うもんじゃない!」という言葉が出なかったんでしょうか。

 「日頃から「死ね」といった罵詈雑言は今の学生にとっては挨拶程度の言葉だと思っていたが、聞き苦しく心痛めていた」と先生は会見で答えていたようですが、では何故止めさせようとしなかったのか、止めさせる努力をしなかったのか、それとも出来なかったのか。

 中学2年生といえば、まだまだ子供です。世の中の善と悪の見分けなんてつくわけありません。そのくせ、精神的にナイーブな時期です。

 先生も教えるのは大変な事でしょう。親が子供を叱る時、どうしますか?人それぞれでしょうけれど、私はゲンコツ一発の後、延々と諭します。先生がこれをやると体罰と取られる場合もありますから、口で諭し続けるしか出来ないでしょう。だけど、それは全く意味のないことだと私は思います。だってすぐに忘れられますもん。

 先生が会見で「私の答えは人それぞれに解釈の仕方があると思われますが」的な発言をしてましたけど、「どうせ何を言ったって悪い方へもっていかれるだけ」という風に感じました。だけど先生、これも言ってはいけないことだったと思いますよ。

 マスコミはどんな言葉でもひねくれた捉え方をしますから、結果的に学校ではいじめを容認していた、先生は生徒に自殺を教唆する発言をしたと結論付けられるかもしれませんよ?

 20年以上も前に、『葬式ごっこ』なるいじめを受けて自殺してしまった子が、生前に別れの言葉を書き込んだ色紙をもらい、その中には先生の書き込みもあった、なんて事件もありましたね。まぁ、これは明らかに先生に悪意がありますが、今回の事故では、先生に悪意はあったんでしょうか?当然「ない」と答えるでしょうね。

 でもね、知らず知らずのうちに悪意ある言葉を言ってしまっているかもしれないんですよ。家庭の事情によっては親より先生と接している時間が長い生徒もいるかもしれないんですよ。教師にとって生徒とは何ですか?教え子でしょう?読んで字のごとく「子供に教える」でしょう?他人の子だからどうだっていいやじゃダメなんですよ。もっと体当たりで生徒達と接して欲しいです。

 もう、手遅れなのかな・・・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言った、言わないはともかくとして 苦しい毎日をなんとか乗り越える日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる