苦しい毎日をなんとか乗り越える日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 加害者は誰?被害者は誰?

<<   作成日時 : 2011/04/29 00:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今回の大震災で被害を受けた原子力発電所。周囲数キロは立ち入り禁止エリアにしてされてしまいました。

 家に帰りたくてもそれだけで罰則を受けてしまう住民。その罰則を設けたのは政府か?確かに高濃度の放射能を浴びてしまうんですから、避難所に戻ってきた時の周囲への影響は免れない。それだけすごいレベルの放射能が漏れているという事。

 憤懣やるかたない被災者ならびに避難者。お怒りはごもっともだと思います。

 でも、ちょっと待って?何か矛盾を感じてしまうんです。

 この前東電の社長が福島県知事に直接謝罪をしましたが、最初知事は門前払い的な態度を取りましたけど、それもちょっとおかしくありません?

 福島第1・第2原発が出来たのは、かなり前だったはず。その時当然反対運動はあったでしょうけれども、どうして建設されたんでしょう。

 もちろん日本の、それも首都圏の電力が高度経済成長で足りなくなったからなんでしょうけど、何故福島に?それも海岸に?これは私の推論ですけど、当時は周囲に民家が集中していなかったのではないのでしょうか。

 東電だって何の考えもなしに、突然原発を造ったわけではないと思います。事故を想定して被害が最小限に出来る場所、首都圏に電気を供給しやすい場所、そういった色んな問題をクリアにした結果、今の場所が候補に挙がったんだと思います。

 地元の人たちは当然反対したでしょう。だけどここまで決まってしまうともう成すすべがないのが現状。まず東電が政府に提案を持ちかける。地元議員が動く。県に圧力をかける。県は市町村に圧力をかける。というか決定事項として伝える。じゃあ住民にはどうするか。何かしらの恩恵を与える、悪く言えば餌をまくんです。

 そうなると住民は「しょうがないか」とい気持ちになる。その餌は長年にわたってまかれ続ける。当然周囲の生活環境は良くなる。そこへ移り住もうという人が増える。そしてその市町村は栄える。たとえそれが砂上の楼閣であったとしても、人間は目先のことを重視してしまう。誰もがそうだと思います。

 そして事故が起こる。絶対安全だと思われた防波堤はいともあっけなく飛び越えられ、建物に襲い掛かる。結果、メルトダウン寸前まで自体はひっ迫する。必死の防災作業を、それこそ命を賭けてしても被害は増す一方。

 「想定外の津波だった」と言われても、じゃあどんな津波を想定していたの?自然災害は人の考えを遥かに超える事はしょっちゅうです。高さ100mの防波堤でも越える事だってあるかもしれない。それでも「想定外」と言う言葉を使うんでしょうか。

 「家に帰りたい」もっともな主張だと思います。でも、無理なんですよ。20年以上前に起きたチェルノブイリですら未だに立ち入り制限区域なんですよ。「東電が悪い。責任を取れ。」どうやって取らせるんでしょう。今まで原発の恩恵を受けて生活していた人たち。それが突然の事故で被害者。

 安全に安全を重ねて原発を稼動させていた東電。想像を遥かに超える自然災害で壊滅状態に陥り、謝罪行脚をする羽目になり、門前払いを食らっても我慢するしかない被害者。

 内心反対していたとしても、議員からの圧力には逆らえない県、県には逆らえない市町村。当時、住民の猛反発を受け、胃に穴が開きそうになりながらも原発建設に協力し続け、稼動中も細心の注意を払い続けていたのに、今回の事故。「建設を許した県や市町村が悪い」と言われる被害者。

 そして、一番上手い汁を吸い尽くして、未だに何のコメントも出さない人。福島県民はおろか、周囲への謝罪もなく、被災地へも行こうとせず、行ったとしてもほんの数時間。終いには「もう帰るんですか!?」と言われる首相という被害者。当時は議員ですらなかったのに、首相だからという理由で苦情を聞かされる羽目に。

 計画停電と言う言葉に振り回され、会社のデータの保管に必死になる首都圏の会社。節電に協力させられ少しだけ照明を多く点けていただけで、会社に乗り込み大声で苦情を言う市民。ガソリンが少ない状況でわざわざ言いに来る人。そんな理不尽な苦情を聞かされる被害者。

 結局、加害者って誰なんでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
加害者は誰?被害者は誰? 苦しい毎日をなんとか乗り越える日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる